看護師の転職が多い理由

看護師の転職が多い理由

 

誰もが必死に勉強し、辛い実習にも耐えて、念願の看護師になれたはずなのに…

 

過酷な現実と闘いながら、苦悩の末に離職や転職に追い込まれてしまう人が多いと聞きます。
看護師を追い込んでしまう原因には、仕事上のトラブルやストレス、勤務時間・給与への不満、上司・同僚・ドクターとの人間関係の悩みなどですが、特に、人間関係の悩みを抱えている看護師が多いそうです。

 

 

確かに、医療の現場というのは、ある意味戦場の様なものです。
決められた時間内にこなさなければならない仕事量が多い上に、患者さんの異常や異変に応じた適切な判断や処置が要求されます。常に人命を預かっているという責務を負っているわけですから、それだけでも精神的なストレスは大きいはずです。
毎日が体力勝負の勤務になるので、体を酷使して勤務している人がほとんどです。

 

それに、看護業界が抱えている「人手不足⇒過重労働」という現状からも、悪循環に陥った職場環境なんですよね。
そんな現場で働く看護師だからこそ、せめて人間関係だけでも最良の関係を築き上げたいものですが、現実は厳しいようです。

 

 

 

まず、看護師という専門職のためか、個々のプライドが高く、我の強い人が多くないですか?
そういう人は、他人の意見に耳を傾けることもなければ、自分の信念を決して曲げることもないので、衝突が多くなっても仕方がないのかも知れません。
自分を高めるためのプライドや周りに良い刺激を与えられる様なプライドなら大いに結構なのですが、単なる意地の張り合いのプライドでは考えものです。
かといって、看護師全員がそんな性格の人ばかりだとは言いませんが、そういう人が集団の中に1人いるだけでも、周りの人へ伝染してしまうものです。それが上司や先輩、医師なら逆らうこともできませんし、理不尽なことでも呑み込むしかありませんよね。

 

普段から心も体も元気であれば、ちょっとしたトラブルや些細なことは流すことができるでしょうし、
冷戦な判断や対応ができるものですが、今の看護師に強いられている職場環境ではそんな余裕がないというのも事実でしょう。

 

 

一度こじれてしまった人間関係を修復させるには時間がかかるものですし、人間関係の悩みが深刻化して、心身を患ってしまう看護師もいるそうです。
ですから、看護師の転職というのは、そんな悩みや問題の解決策の1つなのでしょう。

 

 

看護師の転職が多い理由関連ページ

看護師、より良い人間関係のために
人と人の関係は非常に難しい。しかし、自分の考え方や接し方が変わるだけで相手が変わることもあります。決して「自分だけ」とは思わず、看護師を志した純粋な思いを思い出してみましょう。
看護師の人間関係を良くする工夫
相手の態度や接し方に変化があった時は、相手自身の問題もありますが、あなた自身にも問題があることがあります。相手を責めるばかりではなく、自分自身を振り返ってみることも大切でしょう。
看護師。苦手な人との付き合い方
苦手意識を看護師のあなたの考え方で変えてみると上手く付き合って行けるかも。あなたが苦手意識で持って接してしまえば、相手にも同じような感情を抱かせてしまうものです。
看護師。ドクターとの付き合い方
ドクターが医療のパートナーであるためには、ただドクターの指示を待つだけの看護師ではなく、自ら考えて行動でき、対等に意見交換できるような、日々の勉強と努力が求められると思います。