看護師の新婚生活のリズム

看護師の新婚生活のリズム

 

看護師が結婚する上で考えておかなければならないことは、結婚後の仕事スタイルですよね。

 

まず、旦那さんになる人の理解と協力が得られて仕事を続けることができるのかどうか、結婚後は退職して専業主婦におさまるのかどうかが、とても重要なこと。あっさりと専業主婦におさまる人は少ないと思いますが、旦那さんの勤務地や新居などの事情で、今の職場を辞めざるを得ないこともありますよね。その場合は、新婚生活に慣れるまでは、しばらく休職した方がいいでしょう。

 

 

新たな土地で新たな生活がスタートし、それまでの生活スタイルとは全く違った環境が始まるわけですから、それなりのストレスを感じるものです。
新婚生活と新たな職場での勤務が同時にスタートすれば、かなりのストレスとなってしまい、幸せな家庭を築くはずが、生活リズムを整えることができずに破局を迎えてしまう…というケースも少なくはありません。
旦那さんの理解と協力が得られるのであれば、まずは今まで通りの勤務を続けた方がいいと思います。

 

 

しかし、新婚生活がスタートすれば、楽しいことばかりではありません。
いくら旦那さんの理解と協力が得られても、それまでの独身時代とは違って負担はのしかかってきます。
看護師の仕事はハードな上、不規則な勤務体制ですから、まず旦那さんとの生活リズムを合わせることが大変だということ。

 

1日目いっぱい働いて、帰宅した時はもう何もできないくらいの疲労感があるのに、それでも旦那さんのために食事の用意をしなければならないですし、ひと通りの家事も済ませなければなりません。
しばらくの間は、張り切って頑張れるかも知れませんが、その頑張りも限界に近づいた頃には、かなりのストレスになっているでしょう。そんな時に、家庭と仕事の両立の難しさを痛感するそうです。

 

また、看護師の休日はカレンダー通りではありませんから、旦那さんとの擦れ違いの生活も覚悟しておかなければなりません。

 

 

新婚看護師は、家事がやりたくても思う様にできないストレス、帰りが遅くなってしまうストレス、擦れ違いのストレスなどを抱えての新婚生活スタートとなってしまうのです。
生涯のパートナーが見つかったのに、生活のリズムが合わないために破局を迎えるのは悲しいことです。

 

 

だからこそ、結婚前もそうですが、新婚生活がスタートしてからも、2人でしっかりと話し合って、夫婦2人の生活像というものを互いに理解し合っておくことが大切です。

看護師の新婚生活のリズム関連ページ

看護師の結婚相手
看護師は、一般の女性よりも未婚率が高いと言われていますが、その理由はハードな仕事と出会いが少ないこと。そのような事情の中でも結婚する人は結婚しています。
看護師の結婚を決意するポイント
結婚しても仕事を続けていくためには、結婚相手の理解とサポートがなければ望めません。
看護師の仕事を続ける理由
看護師の仕事を続ける理由。お互いの気持ちや現在の環境と向き合った上で、バランスのとり方を試行錯誤してみる。そしてあなた自身も看護師の仕事内容や働き方の工夫をする必要があるでしょう。
看護師の離婚率が高いのは何故?
看護師の離婚率が高い理由。往々にして言えることは、仕事と家庭の両立の難しさからのことでしょう。